2009年07月11日

非常識な成功法則(原因と結果の法則の後で・・・笑)

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
フォレスト出版
発売日:2002-06
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 タイトルほど過激でない
おすすめ度4 他の自己啓発本との併読をおすすめします。
おすすめ度4 常識的な成功法則
おすすめ度5 面白く楽しい成功書
おすすめ度4 高揚した読後感があるが、内容は冷静に評価したい


今回紹介する本は、神田昌典さんの『非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣』です。

楽天ブックスリンク↓↓
非常識な成功法則

神田昌典さんは最近『全脳思考』を出されたことでも有名なコンサルタントの方です。(もう読み終わったのでいずれ記事にします)

上智外国語学部→外務省→MBA→コンサルタントなどなどな経歴の方です。

原因と結果の法則の後にこれかよって感じの本書ですが、
それは、序章は成功は「悪の感情」から始まる
というタイトルなんですよね笑

心の中が環境に現れる原因と結果の法則とは
のっけから異なるんです。。。

ただ、言わんとするところは、
成功のために信念を持つ!!ということ。
ただ、心の中で思うだけじゃなくて
紙に書くことが大切。

すると、実現しちゃうんだそうです。


もちろんこれだけではないですが、
  「億万長者になる」とか
  「経営者として全国展開する」
  「会社のトップセールスマンになる」
実際に紙に書いてる人って少ないんじゃないでしょうか。

本書は、目から鱗の思考方法で成功へ導いてくれる

と私は信じました笑

心を綺麗にして環境を綺麗にしようとしてたんですけどね・・・

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

原因と結果の法則で心の洗濯をしましょう

「原因」と「結果」の法則
サンマーク出版
James Allen(原著)坂本 貢一(翻訳)
発売日:2003-04
発送時期:在庫あり。
ランキング:231
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 自己啓発の為に
おすすめ度5 読まれ続けている理由がわかる
おすすめ度4 悩んでいるときに
おすすめ度5 現代成功哲学の源泉の一つ。
おすすめ度5 瞑想の書



今回紹介する本はジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』です。

いろんな読書選定本で挙げられている自己啓発本で、とても有名なもののようなので読んでみました。

読み終わった後は

なんか・・・


心が綺麗になった揺れるハートぴかぴか(新しい)


そんな感じがします。



『人を動かす』なんかで有名なD・カーネギーにも影響を与えた・・・

ってか、聖書に次いで多くに人々に読まれてるみたいです(驚き!!)



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ビジネス力を磨きます。

今回紹介する本は大前研一さんの『ビジネス力の磨き方』(070502 PHPビジネス新書)です。




大前さんは御存じマッキンゼーの日本支社長を務めた、コンサルティング業界のドンともいえるお方です。

著書をいくつか読んでいますが、かなり胸に刺さる強いお言葉がいたるところに出てくるので(いや、出ずっぱりか・・・)、毎回強い衝撃を受けたり、頑張らねば!という意欲が湧いてきます(汗

本書は語学力、財務力、問題解決力といった、大前さんが必須スキルと考えている具体的な内容とは違う、仕事の能率やスピード、効果、影響力など、やや抽象的な分野について書かれています。

マニュアルに沿った、これまでの工業化社会的な仕事は、すぐに外国人労働者やコンピューターに代えられてしまう。
では、何で仕事をしてメシを食っていくか。
その時に大切なのは、学歴ではなくてビジネス力ということになるのでしょう。

大前さんの本は、いちいちもっともなことが書かれているので(あ、いい意味でですよ笑)、基本的に実行できるところにまで持っていけるかにかかっていると思います。
今できることから実行する意志が必要ですね。
時間の経過とともに読み返したくなる1冊です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。