2009年07月25日

ビジネスは飲食店に学べ(改訂版)

「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)
新潮社
発売日:2009-05
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 タイトルと中味が一致していない
おすすめ度4 非常に読みやすいビジネス書
おすすめ度4 飲食入門
おすすめ度5 飲食以外の業界でも気付きがいっぱい!
おすすめ度4 古くて新しい飲食店経営


今回紹介するのは子安大輔さんの『「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)』です。

楽天ブックス↓↓
「お通し」はなぜ必ず出るのか

子安大輔さんは東大経済→博報堂→飲食業のコンサルティング等をされている方です。

私が経営をするなら、今一番ノウハウを持っているのは飲食業界です。
料理人としてのスキルはそれほどでもないかもしれませんが、
経営面ではいろいろ見えてきました。
一度自分で1から出店して経験を積んで、その経験をフル活用すればやっていけるんじゃないかな〜なんてことも考えています。
ヒト・モノ・カネが全部見えるのがとても魅力なんですよね★

さて、本書は飲食店のプロデュースを手掛ける著者の書いてるものだけあって、潰れる店と繁盛する店の境目を多くの具体例用いて説明しています。
これから経営してみたい、いつかは自分の店を、週末起業で飲食店を持ちたい・・・
みたいな経営者思考を持つ方には必ず参考になることがあると思います。

飲食店の事業拡大=チェーン店化みたいな思い込みにも、そうではない事例を用いていたり、これまでの常識とは異なる発想も役に立ちました。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

何もなくてもネットがある!!

“ヒトがいない、カネがない、仕事がない” 社長、ネットがありますよ!
あさ出版
発売日:2009-07-07
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 頑張れ○代目社長
おすすめ度5 一番わかりやすい本
おすすめ度5 使えるアイディアが満載!
おすすめ度4 基礎知識をわかりやすく
おすすめ度5 具体的でわかりやすく、説得力があります



今回紹介する本は吉田和彦さんの『“ヒトがいない、カネがない、仕事がない” 社長、ネットがありますよ!』です。

楽天ブックスリンク↓↓
“ヒトがいない、カネがない、仕事がない”社長、ネットがありますよ!

吉田さんは日大卒業後⇒文具メーカーで開発⇒恒信印刷⇒同社社長という経歴です。

吉田社長は印刷会社の社長としても有名ですが、
いろいろ本を読んだり書評を書いたりしている私にとっては
SEO対策の方が有名な気がします。

社長とは言いながら順風満帆な経営と言えずに、
ボロボロにだったころ(具体的には本書で・・・衝撃です)
から、立ち直り軌道に乗るまでが書かれており、
中小企業経営者や、経営をしようと思う方は
是非読まれることをオススメします。

前半は会社、社長のあり方や仕事術
後半はSEO対策に絞った内容となっています。

SEO対策の本はいろいろ難しく見える本があるなか、
本書は専門用語が少なくわかりやすく書かれています。
そんなにテクニカルなことをしなくても、
しっかりやれば無料で成果がでることを実証しているので
信頼できる内容となっています。

「24時間365日、文句も言わずに無給で働いてくれる
営業マンは欲しくないですか??」

・・・最高の殺し文句です笑

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

最新刊)起業したらまっさきに読む経理の本

起業したらまっさきに読む経理の本 改訂新版
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日:2009-07-14


今回紹介する本は笠原清明さんの『起業したらまっさきに読む経理の本 改訂新版』です。

楽天ブックスリンク↓↓
起業したらまっさきに読む経理の本改訂新版


本日楽天ブックスで予約していたものが到着したので紹介します。

(追記)
「あれ、amazonに書評を載せようと思ったのですがまだ予約受付中・・・楽天の方が早いんでしょうか??」

笠原清明さんは中央大商学部→会計事務所→税理士独立という方です。
年代を見る限り大学在学中合格でしょうか。

本書は、私のビジネス書を読む意義の一つの「経営者思考」を学ぶ!!
というところから、ぜひ経理についても勉強したいと思い購入しました。
会計本はいくつか紹介していますし、他にも読了本はあるのですが、
本書は自らが企業しようとした時に最も参考になる実務的なものです。

経理の本なのでお金関係のみの本かと思っていたのですが、
会社設立から保険、税金、書類整理から公共料金まで
至れり尽くせりの内容となっております。

さらに、税理士の方が会計ソフトについて、
その種類から使用方法、有用性まで語る点は
読者にも優しいものですよね。

起業しても、
「オレはビジネスの才能があるからお金は税理士か経理に任せておけばいい!!」
と丸投げしてると、
いろいろな大人の事情で失敗しそうなので
これらの知識はぜひとも持った上でビジネスを始めたいです。

対象は個人店舗から、従業員雇用の形態まで
中小企業の様々な範囲の経営者ですので安心して
購入できます。
また、簿記の受験に興味のある方も、
実態に即した仕分・減価償却などの方法もあるので、
イメージ作りにはいいのではないでしょうか。

ひとつ問題点は本のサイズが
思ってたより大きすぎたので
びっくりしましたが・・・笑

そのほか内容についてはとても勉強になる本なので
一読されることをオススメします★

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ビジネスエッセーで経営思考に補助線を

今回紹介する本は御立尚資さんの『経営思考の「補助線」』(090625 日本経済新聞社)です。



今回は最新刊の紹介です。
昨日楽天ブックスで予約してたものが到着して読む時間がなかったので、今日の紹介になります。

御立尚資さんは京大文学部→ハーバード→BCGという経歴のかたです。
ワールドビジネスサテライトにも出ている方なので見たことある人もいらっしゃるかもしれないですね。

本書は2週間前くらいから予約していました。
実際、こんな内容とは知らず・・・笑
まぁ、タイトル買いもいいですよね右斜め上

本書は著者が日経ビジネスオンラインで掲載しているコラムの書籍化です。
ただ、少し前のものも現在の情勢から見直し、加筆修正しているので、当時の視点とは違う意見も見れるので、コラムを見ていた方も参考になると思います。

コラムもビジネスエッセーという分野ですが、文学部出身ということだけあって、文章がとても綺麗で語彙も豊富なので内容関係なしで読むだけで勉強になりそうです笑
内容も経営思考の補助線というタイトルの通り、経営分野からのテーマだけでなく、ウェブ、戦争、歴史上の人物、国際ポテト年から島田紳助まで様々な観点から経営について考えています。
よく、全然関係なさそうなところから、すごい発明や発想が生まれると言われますが、それを手助けしてくれる感じです。

ちょうど、今までのBLOGにアップした本だけでも、様々な分野の本を読め!!とか、他分野の統合という言葉がいくつか出ていたので、まさに、その思考の練習になるものと言えます。
私の場合、たしかにいきなり歴史書を読んでリーダーシップ論を学べと言われてもきつかった気がしますし、他分野読書の入門書という位置づけになりそうです。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。