2009年07月10日

ざっくりなのに十分なファイナンス入門

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
光文社
発売日:2007-04-17
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 電車の中で読めるファイナンスの優れた入門書
おすすめ度3 良書!ではあるが。
おすすめ度4 いい意味で大雑把
おすすめ度5 必要十分、入門として最適だと思います
おすすめ度5 ほんとにわかりやすいテキスト☆


今回紹介する本は『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)』です。

楽天ブックスリンク↓↓
ざっくり分かるファイナンス



著者の石野雄一さんは上智理工→旧三菱銀行→MBA→日産→コンサルタントという経歴の方です。

私は法学部出身なので経済や会計についてはまだまだ初心者です。
そのため『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』のような、専門用語のあまり出てこない本から読んでいるのですが、本書は、専門用語を初心者にもわかるように上手く説明してくれています。

著者自身が銀行員時代にファイナンスの理解に苦しんでいたので、読者の苦労も理解した上でつまづきやすい部分を噛み砕いて説明できるのだそうです。(どうりで・・・)

また、新書にはあまりないかもしれないところで便利なので、用語索引があるのはとても助かります。
そもそも知らない言葉が多いので、復習する際は用語索引を眺めてから理解できていないところを見るほうが効率いいですしね。
一般の新書では、逐一付箋をしていないと復習の際に、そもそも見るべきところを思い出せずに永遠に見ることがなくなりそうですしね笑

amazonの評価も高いですが、私が読んでも理解できるくらいなので、専門分野の入門書としてとてもオススメできるものとなっています。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

半分売れ残りながら利益が出ている秘密

今回紹介する本は柴山政行さんの『半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか』(090410 幻冬舎)です。




柴山さんは埼玉大→会計士で他著では『Google経済学』などがあります。(まだ読んでませんが・・・)

本書は会計本の入門書という位置づけで書かれたようです。
タイトル・目次ともに興味を引くこと間違いなしです。

なぜユニクロが不況に強いのか。
高級ブランド店はガラガラなのになぜ黒字なのか。
漫画喫茶や化粧品会社の経営。
スポーツ選手の年俸って本当に高いのか。
2年目のジンクスって本当にあるのか。
などなど。

おもしろそうですよね^^


会計知識にこだわらない方でも、雑学本としてもOKです。
知識としては少し難しいところもありますが、
これも勉強ですよねペン

実際に企業も豊富に出て来て具体的なのもうれしいです。
そして、著者なりに導きだした不況に強い企業ランキング、
労働環境の良い会社ランキングなども載っています。

よろしければ続きご覧ください。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

このブログについて

このブログは司法試験を一度断念し社労士、中小企業診断士の合格を目指す24歳の読書ブログです。
社労士受験記としては別のブログを付けてるんですが、書籍紹介も多かったので、思いきって分けてみました。


読書ペースとしては1〜2日で1冊くらい読んでますが、まとめてから記事にするとどうなるかわからないので、手探りでやっていきたいと思います。

予定の5冊を先にお知らせします。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★続きを読む
posted by ゆうき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。