2009年07月13日

最新刊)起業したらまっさきに読む経理の本

起業したらまっさきに読む経理の本 改訂新版
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日:2009-07-14


今回紹介する本は笠原清明さんの『起業したらまっさきに読む経理の本 改訂新版』です。

楽天ブックスリンク↓↓
起業したらまっさきに読む経理の本改訂新版


本日楽天ブックスで予約していたものが到着したので紹介します。

(追記)
「あれ、amazonに書評を載せようと思ったのですがまだ予約受付中・・・楽天の方が早いんでしょうか??」

笠原清明さんは中央大商学部→会計事務所→税理士独立という方です。
年代を見る限り大学在学中合格でしょうか。

本書は、私のビジネス書を読む意義の一つの「経営者思考」を学ぶ!!
というところから、ぜひ経理についても勉強したいと思い購入しました。
会計本はいくつか紹介していますし、他にも読了本はあるのですが、
本書は自らが企業しようとした時に最も参考になる実務的なものです。

経理の本なのでお金関係のみの本かと思っていたのですが、
会社設立から保険、税金、書類整理から公共料金まで
至れり尽くせりの内容となっております。

さらに、税理士の方が会計ソフトについて、
その種類から使用方法、有用性まで語る点は
読者にも優しいものですよね。

起業しても、
「オレはビジネスの才能があるからお金は税理士か経理に任せておけばいい!!」
と丸投げしてると、
いろいろな大人の事情で失敗しそうなので
これらの知識はぜひとも持った上でビジネスを始めたいです。

対象は個人店舗から、従業員雇用の形態まで
中小企業の様々な範囲の経営者ですので安心して
購入できます。
また、簿記の受験に興味のある方も、
実態に即した仕分・減価償却などの方法もあるので、
イメージ作りにはいいのではないでしょうか。

ひとつ問題点は本のサイズが
思ってたより大きすぎたので
びっくりしましたが・・・笑

そのほか内容についてはとても勉強になる本なので
一読されることをオススメします★

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★

目次

第1章 事業計画を立てよう
1 事業計画を立てよう
2 起業の夢をノートに書き出そう
3 夢を数字に置き換えよう
4 1年目の収支表を作ろう
5 5年間の収支表を作ろう
6 シミュレーションをしよう
7 Excelで事業計画フォームを作ろう
第2章 会社を作ろう
1 個人事業と会社経営の違いを押さえる
2 何故、会社経営を選択する起業家が多いのか
3 個人経営の良いところは
4 どちらの経営形態を選択すべきか
5 会社の種類とは? どの会社を選択したら良いか
6 会社の組織を理解して設立をしよう
7 会社設立の流れを理解しよう
8 定款作成のポイント1 「会社の商号」について
9 定款作成のポイント2 「事業の目的」について
10 定款作成のポイント3 「事業年度」について
11 定款作成のポイント4 「資本金の金額」について
12 定款作成のポイント5 「株主構成」について
13 定款作成のポイント6 「役員構成」について
14 定款作成のポイント7 「役員報酬の限度額」について
15 定款作成のポイント8 「株式譲渡制限」について
16 会社の登記に関係する書類の名前を覚えよう
17 会社設立のための書式
18 会社法の定款サンプル

第3章 設立の届出をしよう
1.税金の届出をする
2.社会保険の届出をする
3.労働保険の届出をする

第4章 経理のいろはを学ぶ
1.書類の整理と保存を学ぼう
2.請求書と領収書の作り方を学ぼう
3.帳簿の付け方を学ぼう

第5章 会計ソフトは必要なのか?
1 帳簿付けには会計ソフトを使おう!
2 会計ソフト選びのチェックポイント
3 インストールして会社情報を設定しよう
4 消費税の設定をしよう
5 5つの入力項目を理解しよう
6 仕訳入力画面を使ってみよう
7 帳簿入力画面を使ってみよう

第6章 経理と税金のポイント21
1 現金を支払う・受け取る
2 預金を引き出す・預け入れる
3 商品を売り上げる・代金を回収する
4 商品を仕入れる・代金を支払う
5 交通費や出張旅費を精算する
6 接待や打ち合わせをする
7 広告や宣伝をする
8 公共料金を支払う(水道光熱費・通信費)
9 手数料を支払う
10 商品を得意先に発送する
11 給料の計算をする
12 賞与の計算をする
13 役員に報酬や賞与を支払う
14 税理士やデザイナーに報酬を支払う
15 税金を支払う
16 社会保険料を支払う
17 事務用品やOA消耗品、書籍などを購入する
18 器具や備品、ソフトを購入する
19 OA機器などをリースする
20 お店や事務所を借りる
21 お金を借りる・返す

第7章 決算をしよう
1 決算の手続きを理解しよう
2 帳簿の残高を確認しよう
3 決算調整を理解しよう
4 会計の考え方を理解しよう
5 売上の決算調整をしよう
6 仕入と諸費用の決算調整をしよう



どうでしょうか、
目次だけでもその充実度がわかっていただけると思います。

起業に対して一連の流れを書いているものなので
ひとつひとつ説明するような本ではないのですが、

私なんかが心配する企業のための資金調達や、
なぜ、自ら仕組みを作ることを勧める本が多いのか、
などなど、もともと持っていた疑問が解消されました。

また、付録のように
起業・経理の書類のテンプレートのURL
もあり、リアルに即した実務的な本です。

リアルと言えば、経営者が恐れると言われる
税務署の査察の流れが
時系列で載っているところは面白かったです笑

あとは、黒字を確保できる
(あるいは、確保しやすい)ビジネスを考えたり、
営業能力を養うための勉強や経験を積んでおきたいですね。
ま、起業の根幹ですが・・・笑

今回は具体的な内容というよりは、
起業のための教養を学ぶ辞書的なものなので、
このくらいの紹介にしておきたいと思います。
posted by ゆうき at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123390279

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。