2009年07月11日

非常識な成功法則(原因と結果の法則の後で・・・笑)

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
フォレスト出版
発売日:2002-06
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 タイトルほど過激でない
おすすめ度4 他の自己啓発本との併読をおすすめします。
おすすめ度4 常識的な成功法則
おすすめ度5 面白く楽しい成功書
おすすめ度4 高揚した読後感があるが、内容は冷静に評価したい


今回紹介する本は、神田昌典さんの『非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣』です。

楽天ブックスリンク↓↓
非常識な成功法則

神田昌典さんは最近『全脳思考』を出されたことでも有名なコンサルタントの方です。(もう読み終わったのでいずれ記事にします)

上智外国語学部→外務省→MBA→コンサルタントなどなどな経歴の方です。

原因と結果の法則の後にこれかよって感じの本書ですが、
それは、序章は成功は「悪の感情」から始まる
というタイトルなんですよね笑

心の中が環境に現れる原因と結果の法則とは
のっけから異なるんです。。。

ただ、言わんとするところは、
成功のために信念を持つ!!ということ。
ただ、心の中で思うだけじゃなくて
紙に書くことが大切。

すると、実現しちゃうんだそうです。


もちろんこれだけではないですが、
  「億万長者になる」とか
  「経営者として全国展開する」
  「会社のトップセールスマンになる」
実際に紙に書いてる人って少ないんじゃないでしょうか。

本書は、目から鱗の思考方法で成功へ導いてくれる

と私は信じました笑

心を綺麗にして環境を綺麗にしようとしてたんですけどね・・・

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
目次

序章 成功は「悪の感情」から始まる
第1の習慣 やりたくないことを見つける
第2の習慣 自分にかける催眠術
第3の習慣 自分に都合のいい肩書きを持つ
第4の習慣 非常識的情報獲得術
第5の習慣 殿様バッタのセールス
第6の習慣 お金を溺愛する
第7の習慣 決断は、思い切らない
第8の習慣 成功のダークサイドを知る


☆目標を明確化するために
 「やりたくないことを明確化する」

 筆者だと
  お客にへこへこしない
  いやな会社とは取引しない
  正社員は雇わない
  身を擦り減らすような仕事はしない
 などなど・・・

☆毎晩紙に目標を書いてニタニタ眺める
  ※目標設定は現在形で書く
   @具体的A計測可能B同意している
   C現実的D期日が明確

 これで潜在意識を意図的に活用できる

☆自分に都合のいい肩書きを持つ
  セルフイメージとしての肩書き
   メッチャすごそうな肩書きを紙に書く
   見た目や服装からも変える

☆非常識的情報獲得術
 いわゆる耳学習&フォトリーディング
 「乗らないと損と思える提案」
   提案相手は超大物でも全然構わない

☆殿様バッタセールス
  悪女のようにお客を集めて切る
  セールスの目的は説得することではなくて購入させること
  購入確率の高い客にのみ時間をかける

 購入見込み客にNoの返事を得ようとすると
 そこから、攻守交替状態に持ち込める

☆お金をコントロールする
 @お金に対する罪悪感を持たない
 A自分の年収は自分で決める
 Bお金が入ってくる流れを作る

☆シナリオを作る思考プロセス
  @将来のいい面、悪い面に対する感情
  A現在のいい面、悪い面に対する感情
   を分析する。
  それらのバランス、順番を考える

☆成功には影がある・・・
  @完璧を目指さない
  A家族を大切にする
  B稼いだお金を有効に使う
 これで、影の部分が出るのを未然に防ぐ


いやぁ〜、なんか深かったですあせあせ(飛び散る汗)
成功法則としては、自分を動かすのに有効そうなことが
多かったのが印象です。

紙に書いて明確にして自己暗示をかける。
殿様セールスなんて言葉を聞いたら
実際やってみたくなりましたよ笑

目標の明確化は必ず実践したいと思います。

非常識とありますが、
自己啓発という意味ではバイブル的存在になりそうですひらめき


それでは今回はこの辺で。
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123188440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。