2009年07月09日

超読書法で頭を良くしましょう

頭がよくなる超読書法 (PHPビジネス新書)
PHP研究所
発売日:2008-11-19
おすすめ度:1.5
おすすめ度2 著者の熱意は感じます。
おすすめ度1 実践本ではありません



今回紹介する本は佐々木豊文さんの『頭がよくなる超読書法 (PHPビジネス新書)』です。

楽天リンク↓↓
頭がよくなる超読書法

佐々木豊文さんは東工大院出身で、NBS速読教育連盟理事長という方です。

著者の方法は
NHKのためしてガッテン
TBSの世界バリバリバリュー
などのメディアでも取り上げられたそうです。

実際の速読訓練というページは
214頁から241頁までしかありませんが、
速読の流れや脳の働き方などは詳細に書かれています。
amazonの評価が☆1.5と酷いですが、
読書法の本を読んですぐに早く読みたいという方には
そのような評価になってしまうかもしれません・・・

短眠法の本にもありがちなのですが、
途中で何の本を読んでるのかわからなくなる
ということはあります笑

牛乳のカルシウムは日本人には吸収できない。
とか栄養について書かれてもね^^;
まぁ、心身の健康が能力開発には必要だ!!
と言いたいのでしょうけど。
読書法というタイトルからすれば
的外れと言わざるを得ませんふらふら

ただ、いくつか参考にする点はあるので、
まとめておきます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
目次

第1章 「速読脳開発プログラム」とは、どういうものか
第2章 知的機能の基盤は「読む」こと
第3章 「速読脳」とは何か
第4章 速読のできる身体を作る
第5章 実践トレーニング1・「読解力」を伸ばす
第6章 実践トレーニング2・「速読脳」開発入門


☆知識、論理思考に偏った本は左脳中心
 小説などイメージを描く本で右脳を刺激する
  ⇒両方揃えて総合的に読書能力を鍛えると効率アップ
 片方の脳しか使わないとストレスがたまり鬱の原因になる

 ビジネス書でも右脳的なまとめ方として
 マインドマップなんかもありますし、
 読書だけでなく、まとめの段階も加えれば
 右脳も使えるんですけどね。
 ただ、読書だけから得ようとする場合は
 小説もよい読書になりそうですね。

 私自身は小説は何年も読んでませんが。。。
 自己啓発や伝記などはイメージ中心ですから
 右脳読書をまったくしてないわけではないですけどね。

 さて、村上春樹でも注文しましょうか(読んだことないけどw)

 あ、「ザ・ゴール」は小説でいいんですかね?
 これは今読んでいます。
 分厚いので並行してちょいちょい読み進めています。

☆想像力が仕事に生きる
 会社訪問の際に、HPを見るだけでは表面的な情報のみ
  ⇒創業者の伝記や、社長の経営論
   その業界の経済小説などを読むことでよい提案

☆速読脳は回路をショートカットしている
 これは本を読みながら、頭の中で音声化しない
 ということです。
 頭の中で音声化していると、いくら早口でも
 目で追いかけながらイメージするよりは
 はるかに遅くなってしまいますしね。

 私は、むずかしい内容や違和感を感じたとき、
 集中力が欠けているときは、音声化してるなって思います。
 やっぱりサクサク読んでるときは眼で追ってますね。

 で、この音声化を省きながら読んでいるので、
 前回でも紹介した写真読みに違和感があるんです。
 
 無声状態で読めても
 見開き2秒では何もイメージできないがく〜(落胆した顔)
 って感じです。
 これ実は2冊連続で書いてるのでまだ実践してませんが笑
 10秒やってみた感想ですw


 個人的な文章が多い回でしたが察してくださいね。

ひらめき本書からの実践ひらめき
 月1冊でも小説に触れて右脳を刺激する

それでは、今回はこの辺で。
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。