2009年07月25日

ビジネスは飲食店に学べ(改訂版)

「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)
新潮社
発売日:2009-05
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 タイトルと中味が一致していない
おすすめ度4 非常に読みやすいビジネス書
おすすめ度4 飲食入門
おすすめ度5 飲食以外の業界でも気付きがいっぱい!
おすすめ度4 古くて新しい飲食店経営


今回紹介するのは子安大輔さんの『「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)』です。

楽天ブックス↓↓
「お通し」はなぜ必ず出るのか

子安大輔さんは東大経済→博報堂→飲食業のコンサルティング等をされている方です。

私が経営をするなら、今一番ノウハウを持っているのは飲食業界です。
料理人としてのスキルはそれほどでもないかもしれませんが、
経営面ではいろいろ見えてきました。
一度自分で1から出店して経験を積んで、その経験をフル活用すればやっていけるんじゃないかな〜なんてことも考えています。
ヒト・モノ・カネが全部見えるのがとても魅力なんですよね★

さて、本書は飲食店のプロデュースを手掛ける著者の書いてるものだけあって、潰れる店と繁盛する店の境目を多くの具体例用いて説明しています。
これから経営してみたい、いつかは自分の店を、週末起業で飲食店を持ちたい・・・
みたいな経営者思考を持つ方には必ず参考になることがあると思います。

飲食店の事業拡大=チェーン店化みたいな思い込みにも、そうではない事例を用いていたり、これまでの常識とは異なる発想も役に立ちました。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。