2009年07月10日

ざっくりなのに十分なファイナンス入門

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
光文社
発売日:2007-04-17
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 電車の中で読めるファイナンスの優れた入門書
おすすめ度3 良書!ではあるが。
おすすめ度4 いい意味で大雑把
おすすめ度5 必要十分、入門として最適だと思います
おすすめ度5 ほんとにわかりやすいテキスト☆


今回紹介する本は『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)』です。

楽天ブックスリンク↓↓
ざっくり分かるファイナンス



著者の石野雄一さんは上智理工→旧三菱銀行→MBA→日産→コンサルタントという経歴の方です。

私は法学部出身なので経済や会計についてはまだまだ初心者です。
そのため『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』のような、専門用語のあまり出てこない本から読んでいるのですが、本書は、専門用語を初心者にもわかるように上手く説明してくれています。

著者自身が銀行員時代にファイナンスの理解に苦しんでいたので、読者の苦労も理解した上でつまづきやすい部分を噛み砕いて説明できるのだそうです。(どうりで・・・)

また、新書にはあまりないかもしれないところで便利なので、用語索引があるのはとても助かります。
そもそも知らない言葉が多いので、復習する際は用語索引を眺めてから理解できていないところを見るほうが効率いいですしね。
一般の新書では、逐一付箋をしていないと復習の際に、そもそも見るべきところを思い出せずに永遠に見ることがなくなりそうですしね笑

amazonの評価も高いですが、私が読んでも理解できるくらいなので、専門分野の入門書としてとてもオススメできるものとなっています。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。