2009年06月30日

勘定より感情・・・ダジャレかーーい!!

今回紹介する本は柏木吉基さんの『人は勘定より感情で決める 』(090705 技術評論社)です。



柏木吉基さんは慶応理工→日立→日産でMBAホルダーという方です。

この本は、購入リストには入ってなかったのですが(失礼w)、ブックオフでたまたま見つけて、新刊やでこれっ!!って感じで買ってしまいました(ほんと失礼ww)。
でも、実際は、行動経済学に関する本で興味のある分野でした。

行動経済学は、そもそも人は合理的な行動をするとは限らず、その非合理な行動を研究するという学問です。
これだけ聞くと硬く感じますが、具体例をあげればふだん私たちが日常生活でする意思決定にも深く関わっていて、「たしかに!」「なるほど!!」とうなずくこと必至です。

しかも、具体例だけでなく、本書はこれまでの行動経済学の点が散りばめられているところから、点と点→線→面と体系的にまとめあげているところに理解のしやすさがあります。

実際に本書を1面にまとめた図表が見開き部分にあり、まさに面としてまとめあげられています。

行動経済学の具体例としては、
200万円でソーラー発電システムを付けるのは躊躇するけど、何千万の新築買ったついでに200万でソーラーシステムを付けるときは心理的ハードルが下がる。

今すぐもらう1万円と1年後にもらう1万2千円では、今すぐ1万円もらう方に魅力を感じる。(実際20%の利息が付くことなんてめったにないのに・・・)

専門書の古い具体例とは違う、身近な具体例から行動経済学の専門用語に触れることができるので、よい入門書です。
たまたまですけど、読んでみて本当によかったです晴れ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ビジネスエッセーで経営思考に補助線を

今回紹介する本は御立尚資さんの『経営思考の「補助線」』(090625 日本経済新聞社)です。



今回は最新刊の紹介です。
昨日楽天ブックスで予約してたものが到着して読む時間がなかったので、今日の紹介になります。

御立尚資さんは京大文学部→ハーバード→BCGという経歴のかたです。
ワールドビジネスサテライトにも出ている方なので見たことある人もいらっしゃるかもしれないですね。

本書は2週間前くらいから予約していました。
実際、こんな内容とは知らず・・・笑
まぁ、タイトル買いもいいですよね右斜め上

本書は著者が日経ビジネスオンラインで掲載しているコラムの書籍化です。
ただ、少し前のものも現在の情勢から見直し、加筆修正しているので、当時の視点とは違う意見も見れるので、コラムを見ていた方も参考になると思います。

コラムもビジネスエッセーという分野ですが、文学部出身ということだけあって、文章がとても綺麗で語彙も豊富なので内容関係なしで読むだけで勉強になりそうです笑
内容も経営思考の補助線というタイトルの通り、経営分野からのテーマだけでなく、ウェブ、戦争、歴史上の人物、国際ポテト年から島田紳助まで様々な観点から経営について考えています。
よく、全然関係なさそうなところから、すごい発明や発想が生まれると言われますが、それを手助けしてくれる感じです。

ちょうど、今までのBLOGにアップした本だけでも、様々な分野の本を読め!!とか、他分野の統合という言葉がいくつか出ていたので、まさに、その思考の練習になるものと言えます。
私の場合、たしかにいきなり歴史書を読んでリーダーシップ論を学べと言われてもきつかった気がしますし、他分野読書の入門書という位置づけになりそうです。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

サクサクっとコンサルティング入門

今回紹介する本は内田和成さんの『 コンサルティング入門 』(070810 ゴマブックス)です。



内田さんは東工大→慶応MBA→早大教授&BCGという経歴の方です。

本書は大前研一氏をはじめ最強の講師陣が集まった
大人気ビジネス専門チャンネル『ビジネス・ブレークスルー(BBT)』。
そのLIVE講義を新書化!
BBTビジネスセレクト 第8弾!!

ということだけあって、コンサルティング関係の本の中では非常にわかりやすく読みやすいです。

基本スキルとしてとらえられているのが
@分析
Aインタビュー
Bディスカッション
C仮説構築力
Dパッケージ作成スキル
Eプレゼンテーション・スキル

サクサク読める割には大事だと思うことが多く、
定期的に読んでおきたい本です。

私の場合、他に読みたい本が多すぎて復習に追い付かない・・・
という状態ですが。
この状況どうしたらいいんですかね笑

今考えているのが、1日10分でも復習タイムを設けるみたいなことがいいのかなぁ・・・
と、前回紹介した成毛さんの書籍を読んで思いつきました。ガンバロ。

それでは、本書の紹介を続けていきたいと思います。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

半分売れ残りながら利益が出ている秘密

今回紹介する本は柴山政行さんの『半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか』(090410 幻冬舎)です。




柴山さんは埼玉大→会計士で他著では『Google経済学』などがあります。(まだ読んでませんが・・・)

本書は会計本の入門書という位置づけで書かれたようです。
タイトル・目次ともに興味を引くこと間違いなしです。

なぜユニクロが不況に強いのか。
高級ブランド店はガラガラなのになぜ黒字なのか。
漫画喫茶や化粧品会社の経営。
スポーツ選手の年俸って本当に高いのか。
2年目のジンクスって本当にあるのか。
などなど。

おもしろそうですよね^^


会計知識にこだわらない方でも、雑学本としてもOKです。
知識としては少し難しいところもありますが、
これも勉強ですよねペン

実際に企業も豊富に出て来て具体的なのもうれしいです。
そして、著者なりに導きだした不況に強い企業ランキング、
労働環境の良い会社ランキングなども載っています。

よろしければ続きご覧ください。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

勝間本で年収10倍に!?

今回紹介するのは勝間和代さんの『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』(070405 ディスカバー)です。




勝間さんは会計士最年少合格やマッキンゼーJPモルガンなどさまざまな経歴をお持ちの方です。

いやぁ〜経歴だけ眺めてると、実践するどころか読む段階で尻込みしてしまいそうですが、書籍を数冊読む限りでは取り入れやすいものが多く、また、はじめてこの本で知った言葉も多かったのが印象的です。

主に、英語、会計、IT、(経済)を必須スキルと捉えていて、それらについて具体的に書かれています。

私は法律等の社会学中心の勉強をしてきたので、正直どれも新鮮でした。
どれかに特化したスキルをお持ちの方も、本書から得られる知識は他の書籍にはあまり書かれていないことも多いので必ず役に立つと思います。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

本を読まない人はサルである!?!?笑

今回紹介する本は成毛眞さんの『本は10冊同時に読め!』(080121 知的生き方文庫)です。




あ、タイトルは私がちょっと書評書いてるからって偉そうに暴言吐いたのではありませんよ!!笑
あくまで本からの引用もしくはイメージからです。
そして本書の場合は引用です・・・

成毛さんはマイクロソフト日本社長歴任後コンサルタントとしても活躍されている方です。

著書の特徴としては、

・・・毒舌??

・・・暴言??笑

例えば、タイトルの「本を読まない人はサルである」
    「生きた証を残せなければアリと変わらない」とか。

まぁ、著者の愛のムチと思って読めば、心に刻まれて印象に残る効果があるのでいいと思いますが。

ただ、本を読む目的に

会社に支配されるな!!!

という強いメッセージがあるので、
最近の一人で考え抜くことが大切という流れには、
とても参考になる本です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ビジネス力を磨きます。

今回紹介する本は大前研一さんの『ビジネス力の磨き方』(070502 PHPビジネス新書)です。




大前さんは御存じマッキンゼーの日本支社長を務めた、コンサルティング業界のドンともいえるお方です。

著書をいくつか読んでいますが、かなり胸に刺さる強いお言葉がいたるところに出てくるので(いや、出ずっぱりか・・・)、毎回強い衝撃を受けたり、頑張らねば!という意欲が湧いてきます(汗

本書は語学力、財務力、問題解決力といった、大前さんが必須スキルと考えている具体的な内容とは違う、仕事の能率やスピード、効果、影響力など、やや抽象的な分野について書かれています。

マニュアルに沿った、これまでの工業化社会的な仕事は、すぐに外国人労働者やコンピューターに代えられてしまう。
では、何で仕事をしてメシを食っていくか。
その時に大切なのは、学歴ではなくてビジネス力ということになるのでしょう。

大前さんの本は、いちいちもっともなことが書かれているので(あ、いい意味でですよ笑)、基本的に実行できるところにまで持っていけるかにかかっていると思います。
今できることから実行する意志が必要ですね。
時間の経過とともに読み返したくなる1冊です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

学歴社会から学習歴社会へ!!

今回紹介する本は、堀紘一さんの『年収が2倍にも3倍にもなる勉強法』(090330 PHP研究所)



堀紘一さんは東大法学部→ハーバードMBA→ボストンコンサルティンググループ社長→ドリームインキュベータ設立と輝かしい経歴の持ち主です。
このような方の勉強本ということで、いざ読んでみて尻込みしてしまうような本かと思いきや、本書は比較的軽めの読みやすい、かつ実践的な勉強本です。。
また、いわゆる資格試験や大学受験などを目指すガチな勉強本とは違い、ビジネスマンのための知恵と能力を磨くためのノウハウ本となっています。

一つでも参考になれば、すぐに取り掛かれるものも多いので、皆さんもぜひ一読されることをお勧めします。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

常識を変える科学的短眠法とは??

今回紹介するのは遠藤拓朗さんの『4時間半熟睡法』(090629 フォレスト出版)です。




楽天ブックスで予約しててさっき到着したんですけど、15分くらいで読めてしまったので(笑)、さっそく紹介を。

みなさんは、1日何時間寝ていますか??
私はもともと7時間くらい寝ないとダメなタイプでした。
でも、いろいろやりたいことをやろうとすると、少しでも睡眠時間を削りたい!!
でも眠い・・・

無理に睡眠を削っても翌日には倍寝てしまう。
睡眠リズムが乱れる。
心身ともにしんどい。。。

結構経験されてる方も多いのではないでしょうか。
(えっ、私だけではないですよね?)

結構しんどい時期に短眠法の本を手にしたのが、
睡眠について興味を持つきっかけでした。

本書は、その分野の最新の本ということで、
予約段階から注目していました。


★「1日8時間寝ないとダメ」「1日3時間寝れば十分」など、今までの眠りの常識は間違っているということを、医師である著者は指摘します。
最先端の研究に基づく「科学的」短眠法をご紹介します。

続きを読む
posted by ゆうき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短眠法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

コンサルタントの習慣に迫る!!

今回紹介するのは野口吉昭さんの『コンサルタントの習慣術』(090330 朝日新書)です。



野口さんは大学院では建築学を、そしてそのまま28歳まで建築関係で働いた後にコンサルタント業界へ転身されたそうです。
全く業界について素人だったにも関わらず、現在第一線で活躍されてるのは「1日1冊のビジネス書を読む」という習慣だったそうです。

私は大学を卒業して3年法律の勉強しかしておらず、さらに結果も残せずにとてもプレッシャーを感じていたときにこの本に出会いました。
ちょうどビジネス書にハマりかけていた頃ですが、この本を読んでからは一気に開花しました。
遅咲きにはなるけど、まだまだチャンスはある!!と。

弁護士になって会社の経営に携わる夢から、
コンサルタントとして会社経営に携わることにシフトチェンジしました。

企業の幸せが労働者、家族の幸せに流れ、
個人が幸せになれば環境問題や途上国問題などに対して、
より多くの人が優しく向き合える。

これを実現させるというおっきすぎる理念を持って、
日々新しいことを発想して供給できる人になりたいと思います。


★さて、個人的な話が長引いてしまいましたが本の紹介を笑

本書は、フレームワークや経営戦略などの各論以前のコンサルタントとしての心構えや考え方など記したものです。

コンサルタントとしてだけでなく、何か続けたいけどいつも3日坊主で終わってしまう!!
なんて方もとても参考になる習慣がたくさん紹介されています。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑応援クリックお願いします★
続きを読む
posted by ゆうき at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。